1.  >
  2. 九州アスリート食品カレンダー2011年7月

チャンスは、いっぱい来るものではありません。ただ、チャンスは掴みたいです。
本当のチャンスであれば。

チャンスと考えられるものの中に、たまにトラップが紛れている場合があります。そうです、チャンスと見せかけてチャンスでないもの。そんな経験、皆さんもあるのではないでしょうか?だから、チャンスを掴もうとする事に臆病になります。人間ならそういう部分はあるのだと思います。

すると、自分なりの理論をこねくりまわし始め・・・

どうしてもネガティブな気持ち、心配が出てきます。「あー、あーなったらどうしよう。。」などと感じ、正常な判断ができなくなってしまいます。

そこで、私は、次の事を重視しています。

それは、やはり直感を信じる事!
やりたいのか、まだやりたくないのか、なんとなく止めといた方が良いと感じるのか、それともやりたいのか、などなど最終は理論をこねくりまわして考えた上で、 感覚、直感を信じるようにしています。

その方が、最後は、シンプルでどんな結果でも気持ちよく進める気がするのです。

やはり、否定的な要因で動く事はあまりしたくありません。例えば・・・

信頼を失うのがイヤだから。生活が苦しくなるのがイヤだから。あの人にあのように見られるのがイヤだから。

だから、〜〜 する。。

ではなく、こんな未来を実現したいから!こんな風にお客様に喜んで頂きたいから!!生まれてきたからには、こんな事を成し遂げたいから!!!

このような肯定的な気持ちから、常に判断をしていきたいと思っています。当然リスクも計算します。その上での最終判断は、直感にまかせる。リスクを気にしすぎて自分の素直な判断ができないのではなく、チャンスに対して自分がどう感じているか、で進みたいと思っています。

そんな気持ちがこの詩の由来でした。長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ