1.  >
  2. 九州アスリート食品カレンダー2013年3月

皆さん、「後退」するなんて嫌いですよね。

自分もやはり嫌いです。「後退」せずに、進めるならなんて素晴らしい事か。前進の為に、手法を変える、という意味の「引く」はアリでも、「退く」という判断は、やはり嫌ですよね。

しかし、現実世界では、「後退」が必要な場面がやはり来ます。無理に突破を図っても、引いても、回しても、吸っても、ブルドーザーを使っても、どこをどうやっても絶対に突破できないものに当たってしまう時。

今までの事が全て無駄だったと思ってしまうような事、や怪我や病気、あと色々なトラブルなども。

それらも後退の1つかも知れません。

時間も無用に過ぎ、色んなチャンスが目の前を通り過ぎて行きます。後退をしているので、当然そうです。

これらを受け入れるのって、凄く大変ですよね。何か大きな目的があったり、自分で成し遂げたい事があったり、誰かの為に動いていたり、すると より「後退」が受け入れづらくなるのだと思います。

でも、「後退」しかない時があるのだと思います。

いや、少し表現が違うのかも知れません。「後退」のようにしか見えない時があるのかも知れません。

その時の自分には、「後退」のようにしか見えないが、それが「成功」の為の唯一の道なら間違いなく「前進」でもあるわけです。

その時には「後退」としか思えない。

でも、結果 良い結果にたどり着ければ、間違いなく「前進」なわけです。

これは、やっぱり最後は、自分次第なのかも知れません。

ただ、それを知っておくだけで、なんと余裕が出るでしょうか?なんと、選択肢の幅が増えるでしょうか?「後退」と思った事が、結果「良かった!」

と思える事は、本当にタクサンあります。

よく、「あの時の病気が 自分を成長させてくれた!」という意見を年配の方から聞きます。

これも、まさしく、後退が前進だった!例だと思います。

だから、「後退」だって必ずや「前進」につなげられるチャンスはあるのです!

そう考えたら、ふふふ、「後退」もムーンウォークのように楽しんでできるはずです!!

これからも、その精神を忘れずに進んで行きたいと思います!!皆さんの人生の様々な局面に、少しでも思い出して頂ける事があれば嬉しいです!!

では、ムーンウォーク!!いつでもできる準備をし、しっかりと攻めて参ります!!!

メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ