1.  >
  2. 九州アスリート食品カレンダー2013年9月

我慢する。

日本人の美徳でも、あるのではないかと思います。

だから、納得いかない事があっても我慢する。こんな場面に多く遭遇します。でも、会社を発展させようとしていると、この「我慢する」をされるのは、ちょっと厄介です。

なぜなら、気づけなくなってしまうから(気づける方だと思うのですが、やはり言葉にしてもらわないとわからない事が多い)。

そして、「我慢する」というのは、本来の解決策ではないものなのです。

モノゴトには、真実があります(あると思っています)。なので、正しい事、正しいスタンス、は、あるのです。

だから、真実と違う捉え方を我慢するという場合は、例え自分が考え方が間違っていたり、間違ったスタンスだったとすると、「我慢しなくてはならない」ような場面が多くなってきます。

我慢する、というのは、自分が 我慢すればいいや、相手が間違っているけど我慢する事によってうまくいくんだ、という自分犠牲の精神になっていきます。

ただ、自分犠牲をして、本当に納得できていればいいのです。

でも多くの場合は、自分犠牲をしても納得できていません。それどころか、怨念の種(たね)になっている場合もあります。

だから、「我慢せず、しっかりと発信する」のがいいと思っているのです。

その上で、私たちは 人間です。生物の中で、人間だけに許された最高のツール、言葉があります。

だから、態度だけで不満や不平を表すのではなく、しっかりと言葉を使って伝えたいと思っています。

適切な場面を作り、自分で しっかりと伝える。

納得いかないものは、納得いかない。許せないのは、許せない。なんで、こうなっているの??と。

それによって、多くの場合は誤解だったり、そんな考え方もあるんだ!と気づいたり、自分の間違いに気づいたり、自分の生きている世界が狭い、という事に気づいたり。

私は、常にこういう現象に素直でありたいと思っています。

間違えたら、間違えた!世の中の現象は、シンプルです。スタンスが間違っていると、何かがうまく 行かなくなります。

だから、現象にシンプルに対応していく為にも、我慢せずに表現していきましょう。そして、表現する場合は、しっかりと言葉で伝えましょう!!これって、やはり何かを成し遂げたり、大きな事をやったりするのには、凄く最高な事だと思っています。

※ま、態度だけになってしまう時もあるかも知れませんが、あとからでも、しっかりと言葉で伝えましょう!

メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ