1.  >
  2. 九州アスリート食品カレンダー2014年4月

やっぱり、一生懸命に仕事をしていると、あれ?舐められているのかな!?と感じることがありますよね。

当たり前ですよね。。

だって、世の中には先輩たちがタクサンいます。そして、知識にしても経験にしても、血のにじむような経験をされて積み重ねてきた方たちがタクサンいます。

それに対して、ほとんど経験や鍛錬を積んでいない人が舐められるのは、当たり前だと思います。

でも、舐められるのにも2種類あると思っています。

相手の事を考えて、「あえて舐めてくれている」ケースと、本当に「舐めている」ケースが。

当然、前者のあえて舐めてくれているケースの方が良いに決まっています(ただ、優しく対応してくれるよりも、相手の事を考え、相手の成長を考え、そんな程度だと舐められるよ!というのを、あえて強烈に伝えようと実際に舐めてくれる方。その方が、成長するでしょ!とあえて憎まれ役になってくれているような方。)

が・・・

「起こっている現象」は一緒なわけです。

そう考えると、どちらにしても成長につなげられるわけです。ヘタしたら、「あえて舐めてくれる」というのは非常にレベルが高く、なかなかそういう方には出会えないのかも知れません。

だから、「本当に、舐めてくれる方」も、自分を成長させるエッセンスとして、捉えてしまうのが良いと思っています。現象に違いはないのですから。

すると、よしっ!♪

と前向きに思えるわけです。そして、このスタンスで進んでいけると・・・

「あえて!だったんだーーー」というのにも気づくことが出来るのです!!

これが、凄く嬉しいです。そんな愛のある方は、結構、周りにいるんですよね。(最近、少なくなったのだと思いますが、あえて厳しい事を伝えてくれる人、や あえて舐めてくれる人)

でも、愛のない方に舐められるのは、キツいですよね。普通は、まともに対応できないですよね。。

だからこそ、成長していく為にも、この詩のように、「いいの、いいのよー!」という姿勢でもっと自分が実現したいことで、戦うイメージを持つといいのだと思っています。

そんな感じをこの詩に表現しました。

よろしければ、皆様の毎日の何かに参考になれば幸いです!

さあ、もう夏がやってきますね!!

今年の夏は・・・・  いいの、いいのよーーーー♪ で行きましょう♪

メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ