1.  >
  2. 九州アスリート食品カレンダー2014年5月

最近、色んなスポーツの大会を見ても、「(勝っても負けても)今日は、楽しめました!」と言う人がいたり、今日の試合は、「楽しみたいと思います!」と言う人がいたり、と「楽しむ」ということが、凄く重要視された発信が多くなっている気がしています。

だから、普通の方が・・・「楽しむ」ということを、大切にしすぎて、逆に、仕事などで「面白くない、楽しくない」と感じてしまいやすくなったり、色んな事の過程が「面倒で楽しくない」と捉えてしまいやすくなったり、「楽しくないから意味がない」と判断し、諦めてしまう人が多くなってしまうように感じるのです。

だって、(普通は)面白くないことなんて、タクサンありますから。

もともと、何かの為に自分に身につけようとすることのほとんどは、面倒なことが多いと思っています。勉強でも、筋トレでも、知識の取得でも。

それなのに、「楽しくない、面白くない」=「NG」と考えているとほとんどの事が、楽しめなくなるように感じるのです。例えば、イチローの名言と言われる言葉の中に・・・

《「楽しんでやれ」と よく言われますが、ぼくには その意味が わかりません。》

というのがあります。

これも、一つ一つのことを追求している時に、「楽しもう」なんて余計なことは、考えないということだと思います。純粋に結果を追求している。それが、結果、楽しくなっているだけなのだと思います。

なので、日々の何かのスポーツができるようになる為の練習や、日々の仕事、何かを成し遂げる為の地道な作業、などなどは、元来「楽しまなくちゃいけないもの」でもないし、もともと「面白いもの」でもないのだと思っています。

でも、それを、面白くするのです。楽しく感じれるように捉えるのです。

その為には、純粋に結果を追求し、結果を出す為に、没頭してやり続けることだと思っています。そして結果に固執して進むのです。

だって、結果に固執するから楽しくなるのです。結果がどうでも良いと思っているなら、パチンコでも、トランプでも、仕事でも、筋トレでも、絶対 楽しくはなりません。

結果に固執すると、結果が出る事をイメージしたりして、地道なことや面倒なことでも、楽しくなるはずだから。

なので、面白い、という前提で取り組むと、面白くなくなる。楽しくなくなる。

事前の捉え方を、しっかりとすると、どんどん楽しく、面白く、幸せを感じれるようになるのでは!

という意味をこめて、作ったのがこの詩です。

ちょっと、わかりづらいかもですが、凄く大切だと思っています。

目先の事だけを考え、ケラケラとエンジョイする時もあって良いと思います。その上で、本気でプレイし、本気の楽しさを満喫できるのが より大切だと思っています!

よろしければ、参考にされてくださいー。

メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ