1.  >
  2. 九州アスリート食品カレンダー2015年9月

ちょっと、これは難しい詩になってしまいました。またイラストが、なぜカジノなんだろう?とも今だと思います(笑)。

そんな、この詩を書いたのは、あるメジャーリーグでの乱闘事件を思い出したからでした。

それは、2003年頃 優勝決定シリーズでのヤンキースとレッドソックスの試合。

細かくは覚えていないのですが、危険球を巡って乱闘になりました。

すると、ヤンキースのベンチから72歳の名物コーチ、ドン・ジマーが乱闘に加わっていた相手投手に向かっていく。

太っていて、足も細くて、見るからにあぶなっかしい感じでしたが、

猛突進。

ただ、相手はバリバリのメジャーリーガー。顔(頭)を両手で挟み込むように持たれ、捻られ、無残にも地面(芝)へ顔からバフンと転がされてしまったのです。受身もとれない感じで。

この試合は、危険球が多く、因縁めいた試合になっていたのですが、それでも自分のチームが危険球を投げられ、相手選手に向かって突進していく72才のコーチって、凄いな!と感じたのです。

しかも翌日、そのコーチが謝罪会見を開き、涙をこらえながら・・・

「家族やチーム、ファンの皆さんに対して恥ずべき事をした。大変申し訳ない。」

と語っている姿を見て、なんか凄いな!とさらに感じたのです。

何才になっても、情熱って大切だな!どんなに悲しい結果になろうとも、滑稽になったとしても情熱(チームやチームメイト)を優先するって素晴らしいな!と感じたのです。

それが、今回の詩の意味でした。

72才が95才になっていますが(笑)。

やっぱり、95才でも 情熱を持っていたいな!

そういう人って、めちゃくちゃ優しいと思うのです!

なので、95才でも闘争心を持つって素晴らしい!と思っている、という詩でございましたー。

メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ