ログイン
  1.  >
  2.  >
  3. 梅ドラゴン
、現代女性は忙しい人が多いと言われます。社会構造も変わり、女性が社会の中で活躍する場面が増えたからなのでしょうか。
そんな忙しすぎる女性、特に日本人女性を考えて生み出したのが、この「梅ドラゴン」です。梅に国産ドラゴンフルーツを加えた、長寿の力を宿したプルーンの日本版のようなエキスです。これを毎日「ひとなめ」することで、忙しい体を、整えることを目指して、お作りしました。
これの良さをお伝えする為に、まず、日本女性に梅がなぜ、必要なのか?からご説明させて頂きます。
日本での女性の社会進出は、世界的に見ても遅れているのです。欧米などでは女性社長が普通に存在していますが、日本は7.69%(2017年4月時点)でここ10年でも ほとんど変化がないのです。更に女性役員比率で見ると、世界20カ国での米NPOというところの調査では、ダントツの最下位。

ひいては、このような現状が、女性の働きづらさ、生きづらさにつながっているのかも知れません。だから、女性が疲れているのかも知れません。
その上、日本人の特徴として体の強さ、特に食べ物に対する順応性が高いとは言えない民族でもあるのです。欧米に旅行した時などに感じる、欧米系の外国人の信じられない程の消化力やジャンク系のものでも消化しまくるあの強さは、日本人にはあまり見られません。

尚且つ「平成26年版厚生労働白書〜健康・予防元年〜」での、平均睡眠時間の推移を見ても、1970年代、80年代に比べて、睡眠時間は減っている現状にあるのです。
に良いことは、昔から、伝統的に伝わってきた梅干ですが、その“女性の弱りに対応する力”それが、すっぱさの元である「クエン酸」です!女性特有の弱りの原因として“女性バランスの影響”があります。そこに、クエン酸の持つ“キレート効果”は、女性バランスを保つ事に必要な、鉄分・ミネラルを体に摂り入れやすくする働きが届くのです。

それだけではなく、クエン酸の力は体の根本である、エネルギーサイクルにも必要で、激しく体力を使う、アスリートの間でも注目されています(スポーツの時に食べる、すっぱい“蜂蜜レモン漬け”もクエン酸の力です)。特に筋肉量が少なくエネルギーを作りづらい女性には、必要な成分と言えます。
この、梅干しの力は古くから、戦国時代の武士も、キズの消毒・解毒剤、激しい戦いで消耗した際の、息切れ防止薬としても活用していたと伝えられています。
昔の人々はこうした、科学的な根拠など知らずとも、体験から梅が体に良いことを実感し、「朝昼晩の食事に梅(干し)を食べれば、医者にかかることもなく健康を維持できる。」と考え、重宝してきたのです。
ここまでの梅干しの力、できれば毎日摂って頂きたいものです!しかし、どうしても気になるのが「塩分」。5個で、1日の塩分摂取量を越えるほど含まれています。そこで、塩分を含まず、梅の成分を濃縮して作り出されたのが、『梅肉エキス』なのです!
塩分を含んでいない、青梅の搾り汁を 無添加のまま、徹底的に煮詰めて、
濃く 濃くして作る梅エキスは、
とても貴重なエキス。濃縮にする事で、その力はさらに高まり、クエン酸の量が・・・一般的な黒酢に比べ、なんと約40倍となります!!
しかも、濃縮エキスにする事で作られる独自原料“ムメフラール”は、体のサラサラに、嬉しい力があると言われ、近年注目を集めています(農林水産省食品総合研究所が1999年に発見)。

濃縮する事で、元々豊富なビタミン・鉄分・ミネラルなどの、女性に必要な栄養素も、
最後に加えたのが、“女性の弱りに対応する力”を更に高める、「日本の土地で育った、新たな食材の力」!

それは、近年注目の果実「ドラゴンフルーツ【別名:ピタヤ】(鹿児島県産)」。
元々は南国生まれの果実ですが、栄養素が豊富なその力が注目され、日本での栽培も増えてきている、期待の健康食材です!特に、注目なのが、女性の体に嬉しい「マグネシウム」を多く含んでおり、女性に最適なフルーツなのです。

しかも梅ドラゴンには、実までも赤い品種「レッドピタヤ」を使用しています。この赤い色素は、ポリフェノールの一種「ベタシアニン」で、
働きかける事が、期待されている原料。
このように、ドラゴンフルーツはまさに、女性の為のミラクルフルーツといえる物なのです。
この新旧の力を、独自配合で組み合わせることで、日本の伝統食を究極進化させた、奇跡ともいえる力。“休みなく働くガンバル女性”の為の力となったのです!!
梅ドラゴン/一般価格5400円/会員様価格5400円/定期会員様価格5400円
 昔から日本人の体に良いとされてきた、梅。その梅を塩分を含まず、最新の研究と融合し進化させたスーパー伝統食が梅ドラゴンだと思っています!!毎朝、食べていると、例年ツラかった夏が積極的に過ごせている!これはもう手放せませんっ。
 カルピスに溶かしたり、お湯で割って蜂蜜を加えると、美味しいですよ。
 ガツン!とくる酸っぱさがクセになります!!
 強烈だけど、この酸っぱさが、「戦える体!!」にグングン戻してくれるように感じます!1日の終わりに、梅ドラゴンをペロリとしたくなるのも、体が必要なものを欲してくれているのかも!?どんな時も、梅ドラゴンがあれば、向かうところ敵なし!の自分になれる気がしてます!!











メルマガのご紹介嬉しいお声のご紹介お客様インタビューおトク制度
お問合せ